カードローン 総量規制

カードローンの総量規制とはどんなの?

カードローンの申込み先を選ぶときに重要になるのは、総量規制の対象かどうか、という点にあります。

 

総量規制対象のカードローンでは、事実上、利用できない人や融資できない金額があります。それを知らずに申し込めないカードローンに申し込んでしまったり、融資不可能な金額を希望してしまうことは、大幅な時間のロスにつながります。総量規制の仕組みを理解し、カードローンの選び方の基本を身につけるようにしましょう。

総量規制とは?

総量規制は、貸金業法に定められている、過剰貸付を防止するための仕組みのことをいいます。
具体的には、個人に対する貸付の上限額は、「年収の3分の1以下」でないといけない、というものです。過剰な貸付によって生活が破綻してしまったり、多重債務で苦しむ人が出ないようにするのが目的となっています。

総量規制対象外のカードローンとは?

総量規制は、すべてのカードローンを対象に規制するものではなく、貸金業者による貸付を禁止するものです。
貸金業者は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などのことですので、
総量規制対象カードローン:消費者金融など
総量規制対象外カードローン:銀行カードローン
ということになります。つまり、年収の3分の1を超える融資が必要になったときは、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを選ぶのが基本となります。

総量規制と専業主婦の融資について

総量規制対象外のカードローンは、年収の3分の1まで、という制約はありません。
しかし、だからといって年収のない専業主婦に対し、無条件に融資を認める銀行はありません。基本的に申込んだ本人との契約になりますので、専業主婦の方が、総量規制対象外のカードローンに申込む場合でも、融資限度額に制限がある点に注意するようにしてください。三菱東京UFJ銀行・バンクイックやみずほ銀行のカードローンでは、専業主婦への融資については、「30万円」を上限額としています。

《今すぐ借りれる金融機関を紹介!》

総量規制対象外カードローンがなぜ選ばれているのか?たとえば即日融資可能なのはモチロン審査回答などスピーディーな対応が安心!など、数ある中からオススメを選んで紹介します!あなたに合ったカードローンがきっと見つかります!

スピーディーな対応で即日借入可能!

総量規制対象外カードローンならココ!