総量規制対象外カードローン

総量規制対象外のカードローンとは?

カードローンの利用が初めての方にとっては、総量規制対象外の意味が難しく感じると思います。
総量規制は、2010年6月18日の改正貸金業法に盛り込まれた、新たなお金の貸し方のルールをいいます。
同時に改正された出資法によって、大幅にカードローン金利が引き下げられていますが、さらに、多重債務者を出さないようにするための施策が総量規制ということになります。
総量規制の基本的な意味について確認し、必要に応じて対象外カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

総量規制の具体的な内容について

 

カードローンの総量規制は、消費者金融からの融資を年収の3分の1までにするというものです。
消費者金融1社ごとに年収の3分の1、というものではなく、すべての消費者金融からの融資が年収の3分の1の範囲内でなければならないというものです。
たとえば、年収150万円のパート勤務の方は、年収の3分の1である50万円までが借りれるということです。

 

総量規制の影響がある業者とは?

 

総量規制は、貸金業法という法律にある規制ですので、貸金業法が規制しないカードローン会社が対象外ということになります。
貸金業法は、消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社などを規制していますが、銀行を規制するものではありません。
つまり、銀行カードローンが総量規制の対象外カードローンということになります。
年収の3分の1超の融資が必要なとき、お勤めをされていない方などは、銀行カードローンの中からサービスを選ぶことになります。

 

総量規制対象外カードローンのもう1つのメリット

 

総量規制対象外を選べば高額融資も見込めますが、証明書不要になるという、もう1つのメリットがあります。
消費者金融の場合は、貸金業法によって「収入証明書を提出させるべきとき」が決められていますが、銀行は、銀行ごとの基準で提出を求めています。
消費者金融よりも証明書不要で借りれる金額が多いので、証明書不要での高額融資もできるようになっています。

《今すぐ借りれる金融機関を紹介!》

総量規制対象外カードローンがなぜ選ばれているのか?たとえば即日融資可能なのはモチロン審査回答などスピーディーな対応が安心!など、数ある中からオススメを選んで紹介します!あなたに合ったカードローンがきっと見つかります!

スピーディーな対応で即日借入可能!

総量規制対象外カードローンならココ!