総量規制対象外 消費者金融

消費者金融は総量規制対象外になりますか?

消費者金融から融資を受けるときは、総量規制の影響について、理解しておく必要があります。

 

総量規制は、貸金業者による過剰貸付を防止するための仕組みのことで、法律によって「融資が制限されている」ことを意味します。つまり、消費者金融から融資を受けたいと思っているのに、法律の規制によって、融資が受けられないということが起こりうる、ということになります。自分が借りれるところから借りるのがカードローンの基本になりますので、総量規制の基本についても理解するようにしましょう。

総量規制とは?

総量規制は、貸金業者を規制する、貸金業法に規定されている法律です。
具体的な内容は、融資をしようとするときに、利用者の年収の3分の1を超える融資となってはいけない、というものです。つまり、年収300万円の人の上限額は「100万円まで」ということになり、すでに30万円の融資を受けているなら、「70万円まで」しか融資できない、というものです。

総量規制対象外カードローンとは?

総量規制は、消費者金融やクレジット会社、信販会社などを規制していますが、
銀行カードローンは対象となっていません。つまり、一般に総量規制対象外といわれているのは、銀行カードローンということになります。銀行カードローンの特徴として言えることは、・年収の3分の1を超える融資が見込める・収入証明書の提出要件が緩いの2点です。年収の3分の1を上回る融資でも、独自の審査基準で認められることも多く、収入証明書も100万円以下なら不要なケースがほとんどです。

専業主婦が利用できるカードローンとは?

しかし、専業主婦が利用できる銀行カードローンは、一部のサービスに限られます。
あくまでも、申込んだ本人との契約になりますので、限度額も30万円までとしていることが多くなります。専業主婦がカードローンに申込むときは、バンクイックやみずほ銀行などを選ぶようにするといいのではないでしょうか。

《今すぐ借りれる金融機関を紹介!》

総量規制対象外カードローンがなぜ選ばれているのか?たとえば即日融資可能なのはモチロン審査回答などスピーディーな対応が安心!など、数ある中からオススメを選んで紹介します!あなたに合ったカードローンがきっと見つかります!

スピーディーな対応で即日借入可能!

総量規制対象外カードローンならココ!