総量規制の撤廃

総量規制の撤廃・見直しの行く末は?

カードローンの申込みをするにあたって、理解しておくべきものの1つに「総量規制」があります。

 

総量規制は、貸金業者による過剰な貸付をさせないための仕組みの1つで、原則として年収の3分の1を超える融資を禁止するというものです。過剰な貸付を防止するという目的は悪い事ではありませんが、過剰な規制によって、カードローンの自由度が下がってしまうという問題が生じることになります。総量規制の基本的な仕組みと、今後の法規制の動きについて理解しておく必要があります。

総量規制対象となるカードローンとは?

まず、総量規制が「どの業者のカードローンを規制しているか?」という点について理解する必要があります。
総量規制の対象となるカードローンは、・消費者金融・信販会社・クレジットカード会社
などの「貸金業者」による貸付が対象となっています。銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング、自動車ローンなどは、総量規制の対象ではありませんので、混同しないように注意する必要があります。基本的には「消費者金融からの融資」と考えればよく、年収の3分の1を超える融資を受けるときに、銀行カードローンを選べば良いというのがポイントになります。

総量規制撤廃の動きについて

自民党の内部に財務金融部会という部会があります。
財務金融部会の「小口金融市場に関する小委員会」では、総量規制の撤廃や法律による制限利率の引き上げなどが検討されているそうです。「総量規制がなくなるの?」あるいは、「カードローンの金利が上がるんだって?」と思われるかもしれませんが、あくまでも、自民党内部での話があったということです。2010年に完全施行された改正出資法などにより、消費者金融の経営が悪化していることが背景にあります。より自由度の高いカードローン市場が実現するかどうかは、現段階では分かっていません。ただし、将来的に貸付上限金利が上がることが予想されますので、金利の低い今のうちに、融資を受けておくというのも良いのではないでしょうか。

《今すぐ借りれる金融機関を紹介!》

総量規制対象外カードローンがなぜ選ばれているのか?たとえば即日融資可能なのはモチロン審査回答などスピーディーな対応が安心!など、数ある中からオススメを選んで紹介します!あなたに合ったカードローンがきっと見つかります!

スピーディーな対応で即日借入可能!

総量規制対象外カードローンならココ!